20:18 2017年10月24日
東京+ 15°C
モスクワ+ 0°C
    様々な病気の際にいかに性行為を営むべきか 学者が語る

    様々な病気の際にいかに性行為を営むべきか 学者が語る

    © Fotolia/ Kaspars Grinvalds
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 47500

    学者は、様々な病気の際にいかに性行為を営むべきかを詳しく語った。

    スプートニク日本

    研究データによると、骨を鍛えるには左脇腹を下にして性行為を行い、月経中の痛みが激しいときには正常位で行うことが推奨されている。

    また、循環系に良い影響を与えたり、血圧に問題を抱えている場合は、右脇腹を下にして性行為を営むことを推奨している。

    また、専門家のデータによると、肉体関係はストレスや緊張発散の役に立つなど、神経系に良い影響をもたらす。

    先の報道によると、英国の研究チームが、充実した性生活にとって男性の整った体型がいかに重要かを証明した。

    タグ
    研究, セックス, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント