21:24 2018年09月24日
AppleのクックCEO

AppleのクックCEO、ネットの「荒らし」を信じず、荒らしにならないように呼びかけ

© AFP 2018 / Frederic J. Brown
テック&サイエンス
短縮 URL
141

Appleのティム・クックCEOはマサチューセッツ工科大学(MIT)の卒業生に向けて演説し、テクノロジーの発展による潜在的な脅威について警告した。

スプートニク日本

クック氏は、テクノロジーの発展により今日、人々は潜在的な脅威に囲まれて生きていく必要があると述べた。個人情報の安全を考え、フェイクニュースの氾濫のために情報には批判的に接して、「反社会的なSNS利用者」に変わり果てないように努力する義務がある。

「騒音のために道を外れないでください。荒らしに耳を傾けず、お願いですから、彼らにはならないでください。」

クック氏はまた、人気にではなく、サービスやアイデアを提供する人たちのなかに、自身のインパクトを探すように呼びかけた。

この前、公正なメディア、マスコミと権力、フェイクニュースについてスプートニクがオピニオンをご紹介した。

タグ
テクノ, 人権問題, インターネット, Apple, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント