05:23 2017年10月18日
東京+ 12°C
モスクワ+ 7°C
    対花粉症秘密兵器、学者が公開

    対花粉症秘密兵器、学者が公開

    © Fotolia/ Djoronimo
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 149380

    サイト「News-medical.net」が報じるところ、プロバイオティクスの組み合わせをアレルギー症状が激しくなるシーズンに服用すれば、不愉快な症状の表れが抑えられる。

    スプートニク日本

    プロバイオティクスがアレルゲンに対する免疫反応を調節できることは知られている。確かに、全てのプロバイオティクスが機能するわけではないが。幸いながら、研究チームは効果的なプロバイオティクスの発見に成功した。それは乳酸菌とビフィズス菌の組み合わせであり、免疫細胞の司令塔ともいえるT細胞の濃度を上げることで、アレルゲンに対する耐性を高める。

    実験は季節性アレルギーを患う173人のボランティアを対象に行われた。参加者は2つのグループに分けられ、第1グループはプロバイオティクスを、第2グループはプラシーボを服用した。8週間の間、被験者は毎週、体の調子を報告した。さらに、腸内細菌の変化を調べるためDNAが分析された。その結果、第1グループの隊長は格段によく、腸内細菌の環境も変化していた。

    先の報道では、インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者たちは、1日に800グラムの果物や野菜を摂取することで、心臓発作、脳卒中、癌および早死にのリスクを減らすことができることを発見した。

    タグ
    健康, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント