01:28 2018年09月19日
テオティワカン

ゴーストタウン、テオティワカン遺跡のピラミッドの驚く新たな詳細が解明【動画】

© Wikipedia/ Octavio Alonso Maya Castro
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10

メキシコのテオティワカン文明の遺跡にあるピラミッドはすべて死後の世界のコピーだったことを示す証拠が考古学者らの研究で明らかにされた。ABCテレビが報じた。

スプートニク日本

メキシコ国立人類学研究所の研究者らはコンピュータースキャナーによって有名な月のピラミッドの下に隠されたトンネルを発見。このトンネルには古代、様々な儀式用具が並べられていたものと推測されている。

考古学者のヴェロニカ・オルテガ氏は「今回の発見でテオティワカンの市民は大神殿はすべて1つの型に倣って建設されたことが裏付けられた。建物の機能は死後の世界を体現することにあった」と語っている。

トンネルの長さは103メートル。現在、遺跡発掘作業が行えるかどうか、その可能性が探られている。

月のピラミッドはテオティワカン遺跡では2番目に大きい建築物。テオティワカン文明は紀元前2世紀に最も栄えた後、500年を経て、不可解な方法で破壊され、住民も一人残らず姿を消した。

テオティワカン文明の遺跡はメキシコシティからわずか50キロの場所に位置し、毎年多くの観光客を惹きつけている。

これより前、ペルーの洞窟で発掘調査中にセンセーショナルな発見がなされ、その動画が陰謀論サイトで公開された。

タグ
科学, びっくり, 発見, メキシコ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント