10:24 2018年06月22日
暑い

あなたの気のせいではない 夏は年々暑くなっている

© news.mail.ru
テック&サイエンス
短縮 URL
208

異常な暑夏は1950年代には事実上耳にしなかったものだが、今ではありふれたものになった。今年、南欧の熱波やパキスタンの摂氏54度近くの気温などといった猛暑は、この広いトレンドの一部なのだ。ニューヨーク・タイムズが伝えた。

スプートニク日本

同紙によると、元NASA気候学者でコロンビア大学教授であるジェイムズ・ハンセン氏の策定したデータは、この数十年間で気温が非常に高くなったことを示している。

1951年から1980年にかけて、北半球の夏の3分の1は「平均に近い」または正常範囲と呼ばれており、3分の1が寒く、残りが暑かった。

しかしそこから、夏の気温が劇的な変化を遂げた。2005年から2015年にかけて、3分の2の夏が「暑い」カテゴリーに、そして15%が新たなカテゴリー「極めて暑い」に入ったのだ。

実質的にこれは、今、私たちが毎年迎えている夏のほとんどが20世紀中頃に比べ暑いか、極めて暑いことを意味する。

先ほど、高名な物理学者ホーキング博士は最近、地球温暖化阻止をめざすパリ協定の米国脱退は「不可逆的な」気候変動につながるとして、人類が救われるためには地球を離れる必要があると述べた。

タグ
地球温暖化, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント