06:30 2018年08月17日
「赤い月」

8月7日、モスクワで「ブラッド・ムーン」が見えるかもしれない

© Sputnik / Alexandr Vilf
テック&サイエンス
短縮 URL
130

8月7日、モスクワのプラネタリウムで部分月食を観察することができる。この日、月の色は暗赤色に変わる。モスクワ市長およびモスクワ市政府のホームページで発表された。

スプートニク日本

モスクワプラネタリウムによると、モスクワで7日20時24分から22時19分まで月食を観測することができる。月食のクライマックスは21時20分。

プラネタリウムでは、20時から23時まで観察が行われる。各望遠鏡に天文学者たちが付き、観察の手助けをしたり、月食の解説をしてくれるという。

プラネタリウムで月食を観察するためのチケットは、8月7日19時に販売が開始される。なお同イベントが開催されるのは、晴れている場合のみとなる。

月食は、太陽、地球、月が一直線に並ぶ満月のときに起こる。月食には、皆既月食と部分月食がある。地球が月に影を投げかけると月は赤みを帯びる。そのため「ブラッド・ムーン」と呼ばれている。

先に伝えられたところによると、米地質学者が月の外気圏で新たな構造を発見した。

タグ
科学, 天文学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント