05:05 2017年09月21日
東京+ 21°C
モスクワ+ 10°C
    チンパンジーがじゃんけん理解 京大の研究

    チンパンジーがじゃんけん理解 京大の研究

    © Fotolia/ Fotos 593
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 34641

    京都大学霊長類研究所などのグループは10日、チンパンジーが「じゃんけん」の勝ち負けを理解すると発表した。NHKが報じた。

    スプートニク日本

    グループが7頭のチンパンジーにじゃんけんのルールを教えた。モニター画面に「グー」「チョキ」「パー」の画像を2枚同時に映し、チンパンジーが勝った手の画像に触れると餌が出るという実験を1日およそ140回繰り返した。

    結果、そのうち5頭が平均100日後、90%以上の正答率を叩き出した。

    ヒトの子どもを対象に行なった同様のテストでは、4歳以上で間違いがほとんど見られなくなったため、チンパンジーの理解力は4歳の子どもと同じくらいと見ている。

    グループは、今回の成果により、ヒトが複雑な関係性を理解するようになった過程を明らかにすることができるとしている。

    タグ
    動物
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント