11:27 2017年09月25日
東京+ 25°C
モスクワ+ 4°C
    太陽

    太陽の「スーパーフレア」 壊滅的被害をもたらす恐れ

    © Flickr/ NASA Goddard Space Flight Center
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    3663275

    米ハーバード大の研究者らによると、およそ2千年毎に発生する非常に強力な太陽フレアが、地球環境に壊滅的な被害をもたらす可能性があることが分かった。

    スプートニク日本

    発表では、「我々は、そのような『スーパーフレア』のリスクは過小評価されており、巨大な太陽フレアが発生した場合、その後およそ1千年にもわたり経済面と科学技術面での壊滅的な損失につながる恐れがある、との結論に達した」としている。

    研究者らは、同様の「スーパーフレア」が最後に発生したのは西暦775年であり、その後欧州では温暖化が始まったとしている。

    現代文明にとっては、次回2755年にも予想される巨大な太陽フレアの発生は、好ましい影響を何ももたらさないという。

    宇宙船や人工衛星、電力システムが被害を受け、このことが大勢の人々を死に至らしめると考えられている。

    他にも、環境の変化によって引き起こされる複雑な進化の過程で、一連の種類の動物が絶滅する可能性がある、ともされている。

    関連記事

    冥王星で巨大カタツムリが発見 その正体の解明にNASAが乗り出す【写真】

    タグ
    研究, 宇宙, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント