22:48 2019年07月17日
X-37B

スペースX 米軍部用に謎のスペースプランの発射実験

© Flickr/ James McCloskey
テック&サイエンス
短縮 URL
0 13

米企業家イーロン・マスク氏の「スペースX」が実験用のスペースプレーン「X-37B」の飛行実験に成功した。同社のツィッターが明らかにした。

スプートニク日本

ブログサイト「テッククランチ」は「X-37B」を「謎めいたスペースプレーン」と呼んでおり、同機の性能の詳細に関しては一切なにもない。

「X-37」の飛行目的は明らかにされていないものの、人工衛星の破壊の策定用と目されており、ミサイル手段を使った破壊と比較した場合の経済効果を調べるのが目的の一つではないかと言われている。

無人のスペースラボの「X-37B」の開発を請け負ったのはボーイング。技術ニュースの「The Verge」は発射の中継は機械が覗ける瞬間で打ち切られたと報じている。

これより前、NASAは「X-37B」を4度にわたって発射している。米軍部は同機の使用目的について再使用可能な宇宙技術のテストだと公式的に説明している。

関連記事

油井宇宙飛行士の妻、「ロシアのソユーズ船で」と条件つきで飛行を許可

タグ
軍事, テクノ, 科学, ロケット, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント