10:45 2017年11月23日
東京+ 7°C
モスクワ-2°C
    上海

    中国で横断歩道の新装置が導入【動画】

    © AFP 2017/ Johannes Eisele
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 70750

    中国中部の武漢市では、横断歩道で歩行者側の信号に応じて遮断テープが上昇・下降するという新たな装置が導入された。歩行者側の赤信号で遮断テープが自動的に降り、青信号になると上がる仕組みで、歩行者の信号無視を防ぐ狙いがある。日本の中国語新聞「東方新報」が伝えた。

    スプートニク日本

    中国の交通マナーは悪く、赤信号で道路を横断する歩行者が多いことも問題視されてきた。新装置の外観は、門のような大きなフレームで、上部に設置された液晶モニターには「赤信号時の横断禁止」「武漢市民としてマナーを守ろう」などといった警告文が流れる。赤信号時には、遮断テープが降りて通行人の横断を物理的に阻止するだけでなく、道路の左右からは警告音と共に「赤信号です、通行者は道路を渡らないで下さい」と呼びかける。

    現地公安局によると、新装置は今年2月に導入。市内では、かつては信号無視をする歩行者と車が道路に混在する交通渋滞が頻発していたが、この装置の設置後は歩行者が信号を守るようになり、状況が改善されたという。

    先の報道によると、ロシアのバイカーが、自殺志願者を救った。

    タグ
    テクノ, 自動車, 中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント