15:01 2019年08月26日
アレルギー

毒を以て毒を制す 喘息はネコとゴキブリのアレルゲンで防げる

© Fotolia / Djoronimo
テック&サイエンス
短縮 URL
0 61

米国の学者らの研究でハウスダストの中にあるネコ・アレルゲンやゴキブリ・アレルゲンに喘息が悪化するリスクを下げる作用があることが明らかになった。

スプートニク日本

研究結果は「アレルギーと臨床免疫ジャーナル«Journal of Allergy and Clinical Immunology»」誌に発表された。

学者らは、3歳までの幼少期にアレルゲンに接触する機会を持った場合は、アレルゲンは喘息の悪化を抑制する働きを発揮すると考えている。

学者らは2005年から行われた小児患者への臨床で、高濃度のネコ・アレルゲン、ハウスダストの中にあるネコ・アレルゲンとゴキブリ・アレルゲンに喘息の悪化リスクを下げる働きがあることを発見した。

興味深いことに犬のアレルゲンにはこうした効果はない。

先の報道によると、学者たちは、人間の猫アレルギーだけでなく、猫も飼い主に対するアレルギーを持っている場合があることを明らかにした。

タグ
研究, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント