03:48 2017年10月24日
東京+ 15°C
モスクワ+ 1°C
    寝ている女性

    寝不足の主な利点が明らかに

    CC0 / Pexels
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    199913

    米国の心理学者チームは、断眠療法がうつ病の治療に効果がある可能性があると明らかにした。チームは1974年から2016年に行われた研究結果を総括してこのような結論に至った。論文は科学誌『The Journal of Clinical Psychiatry』に掲載された。

    スプートニク日本

    うつ病に対する不眠の影響を扱った66の独立した研究の統計分析を行った。分析対象には、うつ状態に潜在的効果がある療法として強制的に断眠させた研究も含まれている。また、経頭蓋磁気刺激法などの他の種類の療法が含まれる研究は対象外とされた。

    どのような断眠が用いられたのか、つまり、1晩中眠らない完全な断眠か4時間以内の睡眠という部分的なものかを考慮した。さらに、人工的な不眠に対する人体の反応や精神障害のタイプ、患者に使用された薬物や他の要因が分析された。

    その結果、実験の参加者がランダムにグループ分けされた実験の45%であらゆるタイプの断眠がうつ病の症状を緩和したと明らかになった。実験対象としてグループが1つしか無かった実験の50%でも効果が確認された。このような結果は精神障害に対する断眠療法の効果性を確認するものだと研究チームは主張する。

    先ほど、スプートニクは起床時に疲れを感じる4つの原因をご紹介した。

    タグ
    研究, 健康, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント