14:20 2017年10月19日
東京+ 11°C
モスクワ+ 6°C
    ロボット犬「アイボ」

    ソニー、家庭用ロボット市場に復帰へ

    © AFP 2017/ Toshifumi Kitamura
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 146722

    ソニーが家庭用のイヌ型ロボットを2018年春にも発売する。イヌ型ロボットAIBOの生産が打ち切られて12年ぶりの再参入となる。日経新聞が報じた。

    スプートニク日本

    当時AIBOを担当していたチームのエンジニアやプログラマーが、今回のロボットの開発に携わるという。

    ロボットにはAI技術による深層学習を取り入れる。

    さらに、ロボットは常時インターネットに接続され、家中の家電製品を操作する機能を備える予定だ。ソニーはオープンソースソフトウェアにして、第三者の開発者が変更を加えられるようにする方針だ。

    関連ニュース

    女の子かリアルなアンドロイドか? 東京ゲームショウの動画がネットで激論呼ぶ

    中国 ロボット歯科医師が人間の介入なしに初手術を行う【動画】

    タグ
    ロボット, 動物, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント