14:01 2019年04月24日
血

医師が血液型と心臓病のつながりについて語る

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11

米ユタ州ソルトレイクシティの心臓研究所の学者チームが、特定の血液型保有者は好ましくない生態環境の中で心血管疾患の発症リスクがより高いことを明らかにした。

スプートニク日本

ポータルサイエンス・アラートに研究の概要が掲載された。

学者たちはユタ州にあるインターマウンテイン・ヘルスケアの医療記録のローカルシステムの患者の情報を分析した。この患者たちは1993年から2007年までに心血管疾患と診断された。

結果、汚染レベルが高い環境の中でA型、B型、AB型の人たちは、O型の人よりも病院に行く回数がはるかに多かったことがわかった。

学者たちはこのような統計について、O型にはない特定の遺伝子の突然変異と関連しているとの確信を示しており、この突然変異によって心臓の活動が乱れる可能性が著しく高まっていると考えている。

研究に参加した疫学者のベンジャミン・ホーン氏はリスクグループに対し、郊外で過ごす時間を長くし、出かける時には必要な薬を忘れないよう助言している。

タグ
研究, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント