14:16 2017年12月13日
東京+ 9°C
モスクワ+ 3°C
    シナモン

    減量にシナモンが効く 研究者らが太鼓判

    © Fotolia/ Ferumov
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 50

    米ミシガン大学は体内に蓄積された脂肪を燃焼させるのにシナモンが効くという仮説が正しいことを見事証明した。

    スプートニク日本

    シナモンにはシンナムアルデヒドという生合成が含まれている。

    このシンナムアルデヒドこそがシナモンのあの芳香を生み出すもとなのだが、それ以外にも高血糖症や肥満から組織を守る働きがあることで知られている。この効用がマウスを対象とした実験で証明された。

    被験者を対象とした実験では、シンナムアルデヒドは人体の皮膚組織の内部で、代謝を強化し、体内組織に働きかけ、皮下脂肪を活発に燃焼させる一連のたんぱく質の生成を開始することがわかった。

    研究者らは、この研究成果は肥満対策用の新薬の開発の土台になりうると期待を寄せている。

    関連ニュース

    身体障害を予防する食品

    タグ
    健康, 食品
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント