15:00 2018年06月18日
ワインとグラス

どのようなお酒が攻撃性を呼び起こすのかが明らかになる

© Flickr/ 96dpi
テック&サイエンス
短縮 URL
140

英国の心理学者たちは、アルコールの種類ごとに特定の気分や感情とのつながりがあるというステレオタイプを確認した。学術雑誌BMJ Openに掲載された論文の中で述べられている。

スプートニク日本

学者たちは、ステレオタイプを検証するために21カ国の若い男女およそ2万9000人を対象に調査を行った。

人々は、赤ワインやビールを飲むと脱力感や疲労が感じられ、強いお酒を飲むと、自分をより「エネルギッシュ」で異性にとって魅力的であると感じる、と語ったという。

また最も「ニュートラル」なアルコール飲料は、白ワインであることがわかった。白ワインは、いくつかのまじり合った感情を呼び起こすか、あるいはいかなる感情も呼び起こさなかったという。

なお興味深いのは、ウォッカなどの強いお酒には共通のユニークな特徴があったことだ。これらのお酒を飲んだ人たちは、攻撃性を表したり、つかみ合いの喧嘩に巻き込まれることがはるかに多かったという。

なお、このような感情になったのはウォッカ、ジン、ラム酒が好きな人の3分の1で、ワインまたはビールを好む人たちの中で怒りの感情にとらわれたのはわずか5-8%だったという。

関連ニュース

お酒は外国語で上手く話す助けになる

アルコールは記憶力を高める 研究チーム

タグ
研究, 調査
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント