19:27 2018年02月18日
東京+ 4°C
モスクワ-4°C
    猫や犬

    猫や犬、どちらが賢い?

    © Flickr/ Eli Duke
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    250

    専門家は、思考に関わる部位のニューロンを犬が猫の2倍有しているとの結論に至った。

    スプートニク日本

    論文は科学誌『Frontiers in Neuroanatomy』に掲載された。

    猫や犬、ライオン、ヒグマ、アライグマ、フェレットといった数種の動物の脳を比較したところ、犬の大脳皮質にはおよそ5億3000万ニューロンが確認されたが、猫では2億5000万ニューロンのみだった。人間の大脳皮質にはおよそ160億ニューロンある。

    研究チームのメンバーである神経生物学者、シュザンナ・ゲルクラノ・ホウゼル氏が指摘するところ、研究の結果は、犬がより複雑な課題を解決できることを示している。

    ホウゼル氏は同時に、猫が愚かということは意味せず、学びがより困難である傾向があるというだけだと強調した。

    関連ニュース

    猫は子どもの喘息を予防する

    実験結果:犬は視線で人間の気を引く

    タグ
    ペット, 研究, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント