20:13 2018年01月19日
東京+ 10°C
モスクワ-9°C
    マリオ

    スーパーマリオ64、高齢者の脳の灰白質を増やす

    CC0 / Pixabay
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    178

    カナダ・モントリオール大学の神経学者チームは、ゲーム「スーパーマリオ64」を半年に渡り定期的にプレーした55歳以上の人々の海馬と小脳で灰白質の増加が見られたと発表した。海馬は記憶や学習に関係し、小脳は運動の調整を支配する。論文は科学誌『Plos One.』に掲載された。

    スプートニク日本

    実験には55歳から75歳の37人が参加し、3グループに分かれた。第1グループは半年にわたり週五日、30分ずつスーパーマリオ64をプレーし、第2グループは同様のペースでピアノを学んだ。第3グループは何の課題も課されなかった。

    「The Game Awards」受賞作発表
    © Fotolia/ Heinz Borkowsky
    実験前後に参加者はMRI検査と認知能力テストを受けた。明らかになったところ、スーパーマリオ64をプレーしたグループには海馬と小脳での灰白質の増加と、短期記憶能力の向上が見られた。さらに認知能力への影響は、ピアノ演奏グループを上回った。

    ピアノ演奏グループでは海馬での灰白質の増加は見られなかったが、小脳と計画や決断、意志の制御を支配する前頭前皮質腹外側部での増加は確認した。第3グループには大きな変化はなかった。
    論文の著者グレゴリー・ウェスト氏によると、海馬は3Dゲームが行われる仮想環境の認知地図を作るため働く。この結果、海馬の機能的な活動と灰白質の量が上昇する。

    ワシントン大学の精神分析学者は以前、ゲームを用いて高齢者の認知障害を伴う、うつ状態を治すことが可能だとの結論に至った。彼らは、ゲーム療法の効果が実証されれば、アメリカ食品医薬品局(FDA)が将来的に医薬品としてゲームを登録することを認めると期待を寄せる。

    関連ニュース

    ゲームは依存症を引き起こさない 学者が証明

    コンピューターゲームをするゲーマーの脳で何が起きているか?

    タグ
    健康, 研究, テクノ, 科学, ゲーム
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント