16:01 2018年05月25日
東京+ 25°C
モスクワ+ 15°C
    世界各国の最も恐るべき攻撃機

    世界各国の最も恐るべき攻撃機【写真】

    © Sputnik / Vitaly Timkiv
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 83

    戦場で地上部隊をサポートする攻撃機の黄金期は第2次世界大戦の時に訪れた。しかし20世紀末から21世紀初めに起きた軍事衝突の経験から、これらの単純で比較的低速飛行の攻撃機は、より一層先進的な軍用機が効果を発揮しない場所で軍事任務をこなすことができると証明された。スプートニクは各国の最も恐るべき戦闘機をまとめて公開する。

    スプートニク日本

    米国-A-10 サンダーボルトII

    同機の運用開始は1977年。空軍は当初、「A-10」に対して懐疑的だった。ほぼ同時期に運用を始めた「未来」の戦闘機「F-15」や「F-16」を前に、同機はあまりに低速で脆く、鈍重であった。しかし湾岸戦争での空爆「砂漠の嵐作戦」で「A-10」は成果を収め、戦闘上の利点を納得させる。

    軍によると、貧相な「A−10」150機ほどが7ヶ月でイラクの装甲車3000台以上を破壊。反撃により撃墜されたのはわずか7機だった。
    軍によると、貧相な「A−10」150機ほどが7ヶ月でイラクの装甲車3000台以上を破壊。反撃により撃墜されたのはわずか7機だった。

    ロシア-SU-25

    有名なソ連の攻撃機「SU-25」の初飛行は1975年2月22日で、今に至るまで20カ国以上の軍に採用されている。信頼性が高く強力で高い耐久性を持つ同機はすぐさまパイロットに愛された。SU-25の売りは防御力だ。操縦席が10〜24ミリチタン合金の装甲で覆われている。アフガニスタンでのソ連の軍事作戦でSU-25は、胴体に100個以上の穴を空けながらも戦闘任務完了後に基地へと帰還することもあった。

    アフガニスタン紛争こそが「SU−25」に第2の非公式のあだ名「空飛ぶ戦車」を与えたのだ。
    © Sputnik / Vladimir Astapkovich
    アフガニスタン紛争こそが「SU−25」に第2の非公式のあだ名「空飛ぶ戦車」を与えたのだ。

    ブラジル-エンブラエル EMB-314

    重装備のSU-25やA-10と比べると、ブラジルの軽い攻撃機「エンブラレル」は真剣に見えず、訓練飛行機に似ている。実際にそうなのだ。それこそが同機の当初の役割だった。だが、1999年6月2日に初飛行を果たしたエンブラレルは改良され、麻薬カルテルとの戦いのためラテンアメリカ諸国で用いられるようになった。

    エンブラレルは反ゲリラ機と頻繁に呼ばれるようになった。米空軍はアフガニスタンでの対タリバン作戦に用いるため同機を最大200機購入する計画だ。
    エンブラレルは反ゲリラ機と頻繁に呼ばれるようになった。米空軍はアフガニスタンでの対タリバン作戦に用いるため同機を最大200機購入する計画だ。

    フランス、ドイツ-アルファジェット

    ドイツのドルニエ社とフランスのダッソー社が開発した軽ジェット戦闘機「アルファジェット」は1997年に運用を開始し、今に至るまで14カ国で採用されている。

    アルファジェットの特色は高い機動性と、機体の軽さに見合わない2.5トンもの最大積載量だ。この積載量により、この軽攻撃機は非常に多くの兵器を搭載できる。

    このため同機は様々な任務を遂行できる。アルファジェットの多彩な兵器は地上部隊を空からサポートし、敵が物資や弾薬を運搬する可能性を奪うだけでなく、偵察や後方部隊の標的への攻撃を可能にする。
    このため同機は様々な任務を遂行できる。アルファジェットの多彩な兵器は地上部隊を空からサポートし、敵が物資や弾薬を運搬する可能性を奪うだけでなく、偵察や後方部隊の標的への攻撃を可能にする。

    関連ニュース

    世界の高性能爆撃機【写真】

    10の危険なもの 最も強力な武器や兵器【写真】

    タグ
    番付・ランキング, 航空, 軍事
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント