07:20 2019年06月20日
9000年前に生きていた少女の顔が復元される

9000年前に生きていた少女の顔が復元される【写真】

© REUTERS / Costas Baltas
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50

アテネ大学の学者らが、およそ9000年前にギリシャで生きていた少女の顔を復元した。ナショナルジオグラフィックが伝えた。

スプートニク日本

学者らは、数学的アルゴリズムを使用し、コンピュータ断層撮影を基に3Dプリンターを駆使してまず少女の頭蓋骨、その後、少女の顔を復元した。

学者たちは、少女の下顎と頬骨はかなり大きいことを明らかにした。なお肌の色と目の色は、同地域で暮らす人々の一般的な特徴に基づいて選ばれた。歯を利用した年齢推定によると、少女の年齢はおよそ18歳。死因を明らかにすることはできなかったという。

学者たちによると、少女は文明の黎明期と考えられている生活物質の採集から穀物栽培や畜産へ移行した中石器時代末期に生きていた。そのため少女はギリシャ語で「暁」を意味する「Avgi」と名付けられた。

「Avgi」の頭蓋骨は1993年にギリシャ中央部のテオペトラ洞窟で発見された。

関連ニュース

悪魔とセックスしたとして訴えられた18世紀の魔女の顔が復元される

タグ
研究, 科学研究, 歴史
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント