08:35 2018年05月27日
東京+ 18°C
モスクワ+ 13°C
    宇宙ステーション「Aurora」宇宙ステーション「Aurora」

    2021年には宇宙ホテルに滞在、無重力で宿泊が可能に【写真】

    © 写真 : Orion Span © 写真 : Orion Span
    1 / 2
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 33

    世界初の宇宙ホテルのオープンは2021年〜2022年を予定している。サイト「SpaceNews」が報じた。

    スプートニク日本

    宇宙ステーション「Aurora」でホテルを開く事業を手がけるのは米企業「Orion Span」だ。

    ホテルの面積は42平方メートルで、最大4人のゲストと2人の乗組員が収容される。

    同社のフランク・バンガーCEOはフォーブス誌のインタビューに対して「ゲストは地表から320キロメートルの高さにあるホテルで軌道上に滞在する。滞在中は常に無重力状態となる」と述べる。

    同誌によると、12日間の滞在の価格は950万ドル(約10億円)となる。

    宿泊費には3ヶ月間のトレーニング、宇宙ステーションまでの送り迎えが含まれている。

    ホテルは90分毎に地球を一周するため、ゲストは毎日16回の日の出日の入りを眺めることができる。

    関連ニュース

    軌道上の生活は楽しいのか ISS飛行士のお気に入りの遊びの

    欧州の最も変わったホテル10選

    タグ
    観光, 宇宙
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント