05:15 2018年11月18日
JAXA、世界最小級ロケット打ち上げ

日本のSS-520ロケット 世界最小ミサイルとしてギネス入り

© 写真: JAXA
テック&サイエンス
短縮 URL
284

今年2月に通信衛星として打ち上げられた日本のSS-520ロケットが世界最小ロケットとしてギネスブックに登録された。

スプートニク日本

SS-520ロケットは 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の開発した3段式超小型衛星打ち上げロケットで世界最小。飛翔実績は4回で、最も最近には内之浦から衛星の開発と3kg程度の超小型衛星の打上げに使用された。

全長9.65メートル、重量2.6トンと小型。もともと観測ロケットとして開発されたが、能力が大きいことから超小型衛星打ち上げ機へ転用された。

ギネス登録については27日、JAXA発表した。

タグ
宇宙, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント