12:33 2018年05月27日
東京+ 22°C
モスクワ+ 11°C
    英国社会調査 どの職種が一番多く酒を飲んでいるか

    英国社会調査 どの職種が一番多く酒を飲んでいるか

    © 写真 : Pixabay
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    131

    英国国家統計局の行った社会調査で、平均的な収入を得るサラリーマンより、キャリアの高い専門職の人ほどアルコールの摂取頻度が高いことが明らかにされた。

    スプートニク日本

    英国では、建築家、医師、法律家、教師といった高学歴を要する職業につく人の70%が恒常的にアルコールを摂取している。

    度数の高いアルコールを摂取する人の割合は収入に比例して高い。年間の収入が1万1千ユーロ以下の人の中では酒を飲むと答えたのがほぼ50%だった一方で、年間4万5千ユーロ以上を稼ぐ人の場合、飲酒人口の割合は80%以上だった。

    アルコール摂取量の最も少ない人々は収入の低い肉体労働者だった。

    この調査によってアルコールを摂取する年齢層も若い人より中年層のほうが頻繁であることがわかった。こうした一方で25歳から64歳の英国市民の5人に1人が酒を1滴も口にしないこともわかっている。

    関連ニュース

    ロシアの労働市場で最も需要が高い職業が発表される

    タグ
    科学, 健康
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント