14:57 2018年09月25日
ロスアトム、原子力電池開発へ 宇宙機での使用のため

ロスアトム、原子力電池開発へ 宇宙機での使用のため

© Sputnik / Evgeny Biyatov
テック&サイエンス
短縮 URL
170

ロシア国営原子力企業ロスアトムは、ロシア製宇宙機の超小型電子部品システムで使う小型原子力電池の開発に取り掛かった。実験は2019年12月を予定している。

スプートニク日本

ロシア製原子力電池は、比較的安価で手に入れやすいトリチウム(三重水素)の核崩壊からエネルギーを取り出す。三重水素は十分な量の放射線を放出しているが、そのベータ線は非常に弱く、半導体材料の構造を破壊しないため、三重水素を用いた電池は途切れることなく15年以上機能することができる。

ロシアの専門家は、この原子力電池が極限状態における信頼性で海外の類似品を上回るはずだと考える。立方センチメートル以下のサイズの電池はマイナス50度からプラス100度の温度や20倍の重力でも機能するものになる予定だ。

関連ニュース

第2のフクシマを繰り返さない耐性核燃料をロスアトムが開発

タグ
科学, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント