05:33 2018年09月22日
キタシロサイ(アーカイブ)

キタシロサイをクローニングで救う?

© AP Photo / Lenny Ignelzi
テック&サイエンス
短縮 URL
123

キタシロサイは事実上の絶滅となった。だが過去30年で集められたキタシロサイのDNAの遺伝的多様性を考慮し、研究者らはクローン技術で繁殖できると考えている。

スプートニク日本

キタシロサイの最後の雄「スーダン」が今年3月亡くなった。現在は2頭の雌が残るのみ。娘のナジンと孫娘のファタである。

研究者らはナジンとファタの卵母細胞と保管されている雄の精子を使った体外受精によるキタシロサイのクローンをつくる方針だ。代理母にはミナミシロサイが選ばれる可能性がある。論文は科学誌『Genome Research』に掲載された。

タグ
動物, 研究, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント