13:11 2018年07月19日
ダンスミュージック

学者が宇宙にダンスミュージックを送信 地球外生命体とのコンタクトに期待【動画】

© Flickr/ Claudio Cesarano
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21

新世代の音楽とアートがコラボするイベント「Sonar Music Festival」が、スペイン・カタルーニャ宇宙研究所と米サンフランシスコのMETI Internationalの協力のもと、宇宙に存在する知的生命体との交信を目的に10秒ほどのエレクトロ・ダンスミュージック(EDM)35曲を宇宙に送信した。米国のデジタルメディアサイトinverse.comが報じた。

スプートニク日本

この企画の関係者らは、暗号化された2進法コードによる歌が赤色矮星であるGJ 237に存在する生命体に到達し、音楽が普遍言語の基礎となることを期待している。

惑星群の1つであるGJ237はハビタブル・ゾーン(生命居住可能領域)にある。つまり、太陽から適切な距離にあり、生命体が存在できる領域にある。

この距離の移動に必要な時間を考慮すると、歌が惑星に到達するのは2030年以降となる。地球へ信号が送られても、2042年までに信号が到達することはない。

関連ニュース

ホーキング博士の声 埋葬後、ブラックホールに向けて発信

スペースX社の月周回旅行用の宇宙船、7月にも試験開始へ

タグ
科学, 音楽, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント