13:14 2018年09月19日
タトゥー

タトゥー 皮膚下の染料が及ぼす危険

© FB / Tattoo
テック&サイエンス
短縮 URL
142

BMJ 症例レポートが英国民保険庁の研究者らの報告として、人体の上皮に針をさし、傷つけること、つまりタトゥーは重症の炎症を悪化させることを明らかにした。

スプートニク日本

レポートには症例としてスコットランドの31歳の女性の例が掲載されている。

この女性のカルテから、皮膚の移植と長期にわたる抗生物質の投与で女性の免疫システムは深刻なダメージをうけ、弱まり、その後、タトゥーを施した皮膚下の染料の粒子が移植した府皮膚に広がり、慢性の炎症が引き起こされ、これが原因で足の力が弱まり、不快感が感じられるようになったことが報告されている。

関連ニュース

タグ
健康, 研究, びっくり, 病気, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント