02:26 2018年09月21日
ココ

米国で、人間と同じIQを持った世界的に有名な「話す」ゴリラが死ぬ

© 写真: Facebook / Koko & The Gorilla Foundation / Ron Cohn
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31

手話で人間と意思疎通ができることで知られるゴリラのココ(本名:花火子)が、米国で死んだ。46歳だった。ゴリラ財団The Gorilla Foundationのホームページで発表された。

スプートニク日本

同財団によると、ココは寝ている間に死んだ。

ココ
© 写真 : Facebook / Koko & The Gorilla Foundation / Ron Cohn
ココ

ココの知能指数(IQ)は、人間の平均的な数値に匹敵する95と推定されていた。

ココはニシローランドゴリラで、1971年7月4日に生まれた。ココの教育は、スタンフォード大学の研究者たちのプログラムの一環として行われた。
ココは1000語以上の手話を習得し、2000以上の英単語を理解した。

またココは、ナショナルジオグラフィック誌の表紙もかざった。なお撮影は、鏡を使ってココが自ら行った。

さらにココは子猫と過ごし、ペットの世話もできることを証明した。猫が車に轢かれて死んでしまった時、ココはとても悲しんだという。

関連ニュース

ゴリラとその生まれたばかりの子供の信じられないほどかわいい動画に、無関心ではいられない

タグ
研究, 科学, 動物
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント