05:43 2018年12月15日
マウス

マウスの細胞は人体が自ら体重を制御する助けになるかもしれない

© Fotolia / Ryzhkov_sergey
テック&サイエンス
短縮 URL
132

げっ歯類の体内から、新しい脂肪細胞の成長を制御する細胞群が見つかった。この細胞の動きを「指揮」することは、最も効果的な減量法になるかもしれない。論文は学術誌ネイチャーに掲載された。

スプートニク日本

スイス連邦工科大学ローザンヌ校の研究チームが様々なげっ歯類の細胞200個の機能を分析すると、脂肪細胞の成長を直接制御する幹細胞に出会った。

チームが説明するところ、これらの細胞は活性化すると、活発に他の幹細胞を脂肪細胞に変える幾つかの異なる分子の組合せを分泌したり、もしくはその分泌に完全にブレーキをかけることができる。

こうした細胞が人体にもあるかを調べたところ、脂肪細胞内に存在することが確認された。これは、肥満対策や2型糖尿病治療に役立てることができるかもしれない。

関連ニュース

余分な体重に疲れた?学者たちのおすすめは「バターコーヒー」!

日本の研究者らが、ガムと減量のつながりを見つける

タグ
フィットネス, 健康, 動物, 科学, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント