16:36 2018年07月23日
客室乗務員

がんになるリスクが最も高い職業が明らかになる

© 写真 : Aeroflot Press Service
テック&サイエンス
短縮 URL
152

客室乗務員は、他の職業の人よりも特定の種類のがんにかかるリスクが高い。ハーバード大学公衆衛生大学院の専門家らが発表した。

スプートニク日本

研究結果はEnvironmental Health誌に掲載された。

学者らは、5000人以上の客室乗務員と、経済的地位が同等の約3000人の男女の健康に関するデータを比較した。

結果、乳がん、子宮がん、胃腸のがん、甲状腺がんなどの発生率は客室乗務員が最も高かったほか、勤務歴が長いほど確率が高まることがわかった。

学者らはその要因について、飛行中に放射線を浴びるなどの客室乗務員の職務の特性を挙げている。また勤務時間が不規則であることによる概日リズムの乱れも要因としている。

関連ニュース

ロシアの労働市場で最も需要が高い職業が発表される

タグ
研究, ガン, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント