13:42 2018年08月18日
宇宙から見た新燃岳(アーカイブ写真)

日本の2つの火山は地下深くで繋がっている 科学者が発見

© 写真: NASA image courtesy Jeff Schmaltz MODIS Rapid Response Team, GSFC.
テック&サイエンス
短縮 URL
1114

鹿児島県北部にある姶良カルデラの急激な変化は、22キロ離れた現在噴火中の新燃岳の直接の結果だと初めて確認された。2つの山の観察により、2011年の新燃岳噴火に至る数カ月に共通の地下マグマ源を通じて2つが結ばれたことが示された。

スプートニク日本

論文の第一著者は「私達は霧島の噴火前後に姶良の行動における急激な変化を観察した」と指摘。

論文の共同著者であるフォーク・アメルング氏は「マグマシステムがどのように繋がっているかは、潜在的危険性の点で重要な問題だ」と指摘した。「地下には多くのマグマが存在し、1つの噴火が他の火山のトリガーとなる可能性があるのか?今までは明確なつながりの証拠がほとんどまたは全くなかった。」

第一著者は「特に人口密度の高い火山地域では、噴火予測が非常に重要だ」としたうえで「今や、行動の変化は近隣の霧島の活動の直接の結果である可能性があることを知っている」とした。

マイアミ大学の研究チームによる論文は6月28日、学術誌『Scientific Reports』に掲載されたと科学ニュースサイト「Phys.org」が報じた。

関連ニュース

タグ
研究, 科学, びっくり, 自然, 火山, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント