10:56 2018年10月24日

マスク氏、火星テラフォーミング計画を研究者と内密に協議

© AP Photo / Damian Dovarganes
テック&サイエンス
短縮 URL
0 13

イーロン・マスク氏率いる米宇宙企業スペースXは7、8両日、NASA関係者含むトップ研究者と火星のテラフォーミング計画を協議するワークショップを開いた。同社はこれを「宣伝」しないよう求めた。宇宙ニュースサイト「Space.com」が科学ニュースサイト「Ars Technica」の情報をもとに報じた。テラフォーミングとは火星の環境を人為的に変化させ、人類を住めるようにすること。

スプートニク日本

2016年9月、マスクCEOは火星移住計画を発表。超大型ロケットと再利用可能な惑星間宇宙船を数千隻作り、2100年代末には火星に約100万人を送り込むというもの。

計画のおもな目的は火星に地球から独立し自律的なコロニーを作ることだとマスク氏は定義する。コロニーは生活に必要な全てを自らで供給し、地球上の都市に劣らない本格的な社会となる。

昨年6月には大型ロケット「BFR」からなる「艦隊」開発計画の詳細が学術誌『New Space』で発表された。この愛ではは学術界から多くの批判を呼び、余りに高価で空想的だとされた。

さて今週、マスク氏らスペースXはコロラド大学ボルダー校で、多くの「懐疑主義者ら」や賛同者とワークショップを開いた。同校は宇宙航空分野の名門。今週はNASAの火星開発計画の関係者含む学術・産業界、政府からの科学者とエンジニア計60人が出席した。

集まりではBFRロケットの飛行能力の概要と、火星の人口の暮らしをサポートする最適な方法に焦点が当てられた。

スペースXとコロラド大学は、ワークショップが開催されることを否定しなかった。

関連ニュース

火星 はたして人類の「第2の家」となるか?

NASA、「クモ」を彷彿させる火星での珍しい現象をとらえた写真を公開

タグ
火星, 宇宙, イーロン・マスク
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント