01:36 2018年11月21日
がん

胃腸の健康を維持し、がんを予防する食品たち

© Depositphotos / Sciencepics
テック&サイエンス
短縮 URL
0 42

キャベツとブロッコリーに含まれる化学物質は、胃腸の健康状態を維持し、結腸癌を予防する助けになる。医療ニュースサイト「MedicalXpress」が報じた。

スプートニク日本

英研究チームがインドール-3-カルビノールのげっ歯類への影響を調査。この物質はアブラナ属の植物を食べることで分泌される。この物質は、「芳香族炭化水素受容体」というタンパク質を活性化させると判明した。

専門家は、このタンパク質が欠乏すると、腸の炎症やがんを引き起こすと指摘。そのタンパク質がないと、栄養素を取り入れるか、保護的な秘密を分泌する細胞が形成されないためだ。しかし、 「キャベツダイエット」に移行すると上皮細胞が再生し、腸機能は正常に戻り、悪性腫瘍のリスクは大幅に減少する。

チームによると、研究結果は野菜を豊富に含む食事の利点を示し、結腸癌と間違った食事との直接的な関連を改めて示している。

ブロッコリーと野菜スープ
CC0 / Pixabay
ブロッコリーと野菜スープ

関連ニュース

タグ
研究, 科学, 食べ物, 食品, 病気, 健康, ガン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント