01:38 2018年11月21日
寿命延長に寄与する炭水化物の1日の摂取量が明らかに=学者

寿命延長に寄与する炭水化物の1日の摂取量が明らかに=学者

© Fotolia / Ivanmateev
テック&サイエンス
短縮 URL
0 71

米ブリガム&ウィメンズ病院の学者らは、寿命の延長に寄与する炭水化物の1日の摂取量を明らかにした。ランセット誌に掲載された。

スプートニク日本

学者らは、欧州、北米、アジアの20カ国43万2179人が参加(うち4万0181人はすでに死亡)した8つの調査で得られたデータを用いて研究を行った。

結果、学者らは、炭水化物が1日の食事の合計量に占める割合が平均50%の人は、長寿の傾向があることを明らかにした。

炭水化物の割合が70%以上あるいは40%以下の人は、死亡の確立が高いという。

また炭水化物をまったく食べずに、特に牛肉、豚肉、鶏肉、チーズなどの動物性脂肪やたんぱく質に置き換えた人たちは、死亡リスクが最も高かったという。

関連ニュース

タグ
食生活, 食べ物, 食料, 食事, 養生, 美容, 健康, ダイエット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント