16:01 2018年09月21日
国際宇宙ステーションから撮られた写真(アーカイブ写真)

地磁気極の反転による突然の世界的大惨事に警鐘

© 写真: NASA/Scott Kelly
テック&サイエンス
短縮 URL
0 65

学術誌『米国科学アカデミー紀要(PNAS)』に、地球の磁気極が入れ替わる可能性があるとする、国際研究グループの予測が掲載された。論文は、反転が予期せず迅速に起きる可能性があるため、前もって備える必要があると指摘する。

スプートニク日本

学術誌『米国科学アカデミー紀要(PNAS)』によると、太古の地球の岩石の構造を調べ、地質学者は、南磁極と北磁極がすでに場所を入れ替えたことがあり、このプロセスが最近再び始まっているとの結論に至った。磁気極反転の最初の兆候は、磁場の弱まり。過去200年間で磁場は15%弱まっており、どんどん不安定化していることを証拠付ける。だが反転の具体的な時間の予測は不可能。磁場の弱まりが突然か段階的かがわからないからだ。

チームは、磁気極交代の際、地球は放射線や宇宙風からのバリアを失うと警鐘を鳴らす。その結果、地球上の動植物の急激な変化を引き起こし、ヒトに極めて大きな悪影響を及ぼす可能性がある。さらに全てのデジタル技術は破壊され、人工衛星と送電線は故障する。

関連ニュース

学者ら、ロシアにおける気候の大惨事を予測

NASA、小惑星の脅威から地球を守る新計画を公表

タグ
災害, 研究, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント