22:52 2018年09月19日
季節

脳活動は季節と直接関係している=研究

© Sputnik / Виталий Аньков
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60

トロント大学、ラッシュ大学アルツハイマー病研究センター、パリ・ディドゥロ大学認知神経科学センターが、アルツハイマー病患者を含む70歳以上の米国人、カナダ人、フランス人3500人のデータを調査した。

スプートニク日本

結果、脳は夏の終わりと秋の初めに最もよく活動し、最も悪いのは冬と春であることがわかった。

なお、寒い季節に「認知症」または「中程度の認知障害」の診断が下される確率は、暖かい季節より31パーセント高かった。

この変動は、ホルモンレベルと血中のビタミンD濃度に影響を与えている複数の要素の効果と関係している。例えば、脳にとって夏や秋の初めの暖かさと高い照度レベルの組み合わせは有益だ。加えて、人々は暖かい季節はより活発に活動し、果物や野菜の消費量も増し、よく眠れる。また精神状態の季節的変化も影響を与えている可能性がある(うつ病は冬に発症することが多い)。

関連ニュース

うつ病と統合失調症…伝染する?!

男性にも産後うつがある

タグ
医学, 研究, 健康
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント