09:33 2018年11月18日
テレビ

インドで「ネットフリックス」依存が初めて公式に確認される

© Fotolia / Lassedesignen
テック&サイエンス
短縮 URL
141

26歳のインド人男性が米・映像ストリーミング配信事業会社「ネットフリックス」の依存症となったとして、インドのバンガロールにある国立精神衛生・神経科学研究所に訪れた。同研究所の医師らによれば、これほど重症なケースは初めてのことだという。

スプートニク日本

男性は半年間、「ネットフリックス」の映画や番組を1日に7時間見ていた。これが、失業によるうつ状態や家庭との問題を忘れる手助けになったという。

先に男性は仕事を失い、家族から収入がないことで再三プレッシャーをかけられていた。

男性からは、睡眠障害、疲労の蓄積、また眼の過緊張がみつかった。

その後、男性はこれ以上自分をコントロールできないことがわかった。男性は1時間毎に行う5分間の呼吸訓練や治療を受けたり、再就職について専門家と相談を行うことになった。

関連ニュース

Netflix、視聴者がストーリー展開を選ぶドラマ・映画を配信へ

インドで飛行機の乗客が飛行中にトイレと間違えて非常口を開けようとする

タグ
テクノ, 健康, 病気, インド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント