04:53 2018年11月16日
種子島宇宙センター(アーカイブ写真)

日本、衛星2基を搭載したH-IIAロケット40号機を打ち上げる

© AFP 2018 / Jiji Press
テック&サイエンス
短縮 URL
0 45

日本は29日、衛星2基を搭載したH-IIAロケット40号機を打ち上げた。打ち上げの模様は、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、種子島宇宙センターから中継した。

スプートニク日本

JAXAによると、H-IIAロケット40号機によって打ち上げられたのは、三菱電機が設計・製造を担当した質量1800キロの温室効果ガス観測技術衛星2号「いぶき2号」(GOSAT-2)と、アラブ首長国連邦の若手技師70人によって初めて製造された質量330キロの「観測衛星ハリーファサット」。ハリーファサットは、アラブ首長国連邦にとって軌道上の9番目の衛星となる。

関連ニュース

「ソユーズ」事故後、初の打ち上げで衛星の軌道投入に無事成功 露国防省

NASA 金星への有人飛行を計画

タグ
ロケット, 宇宙, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント