04:54 2018年11月16日
ケプラー宇宙望遠鏡(イメージ)

太陽系外惑星を発見してきたケプラー宇宙望遠鏡、任務終了へ

© REUTERS / NASA
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30

人類の知識を豊かにすることに貢献した有名なケプラー宇宙望遠鏡が、その任務を終える。米航空宇宙局(NASA)は、燃料切れのため、ケプラーの運用を終了すると発表した。なおケプラーは地球から遠く離れた軌道を移動し続けるという。

スプートニク日本

ケプラーは9年間で2600個以上の太陽系外惑星を発見した。また宇宙には何十億もの惑星が存在することを証明するデータを収集した。その多くは生命に適している可能性がある。またケプラーを使って太陽系外に地球とほぼ同じ大きさの惑星や、地球より小さい惑星も見つかった。

関連ニュース

タグ
天文学, 惑星, 発見, テクノ, 歴史, 宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント