20:04 2019年04月24日
プーマのスマートスニーカーモデルRS-Computer

プーマ 初のスマートスニーカー1986年モデルを再リリース ブルートゥースでPC接続に

© 写真: Puma
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11

スポーツシューズのプーマは、1986年にはじめて販売された、初のスマートスニーカーモデルRS-Computerを再リリースした。

スプートニク日本

このスニーカーの機能により、プーマユーザーは移動歩数や時間、距離を確認することができ、さらに内臓された特殊チップによって消費カロリーを知ることができる。以前は、こうした機能は特別なケーブルでコンピューターに接続する必要があった。

今後は、スニーカーに内蔵されたブルートゥース(Bluetooth)によって、すぐにRS-ComputerShoeアプリへデータが送信される。このアプリは、8ビットマップ画像により旧式コンピューターのインターフェイスをシュミレートすることで、刷新版のスニーカーをオリジナルモデルに最大限似せている。

プーマは全部で86足を販売する予定で、米国や日本の原宿、ロンドン、ベルリンで購入できる。価格はまだ公表されていない。

関連ニュース

「この靴は何色?」 スニーカーの写真がネットを二分【写真】

アルバニア首相、米副大統領との記念撮影を許可されず 理由はスニーカー【写真】

タグ
びっくり, おもしろい, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント