06:28 2019年01月17日
人工知能の分野で中国がアメリカを追い抜く可能性

人工知能の分野で中国がアメリカを追い抜く可能性

© Fotolia / Carloscastilla
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60

プライスウォーターハウスクーパースの調査によると、人工知能の利用は経済成長を大きく促進し、2030年までに世界のGDPを14%、すなわち15.7兆ドル(1774.6兆円)押し上げる可能性がある。このときAIの発展で最大の利益を得るのは、2030年にGDPが約26%、金額ベースで7兆ドル(790.79兆円)増加する中国である。2位はアメリカで、2030年までにGDPが14%、3.7兆ドル(417.88兆円)伸びる可能性がある。

スプートニク日本

Googleの中国部門で元トップの李開復(Kai-Fu Lee)氏はCNBCに次のように語った。「AI利用の成功を、発表された基礎研究論文、最新の研究で計測すると、この先10年間はアメリカが先頭を切り続けることになる。しかし、創造された価値、時価総額、利用者数、利益で見ると、おそらくすでに中国がアメリカを追い抜いている。」

中国が2015年に採択した国家成長の10カ年計画では、人工知能が他の先進国に比べてより迅速かつ深く実体経済に入り込むことを想定しており、これがすでに目に見える形で成果をもたらしている。2017年の1年間だけで、中国の投資家はAI開発に49億ドル(5514億円)を投資しており、これは世界全体のAIベンチャー投資の48%にあたる。同時期のアメリカのスタートアップへの投資はこれより少なく、44億ドル(4951.3億円)だった。このように、中国は人工知能の開発を国の優先分野に定め、2030年までにこの分野で絶対的なリーダーになることを狙っている。

関連ニュース

日本、人工知能の専門家育成を拡大へ

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント