17:41 2019年11月20日
泣いている女の子(アーカイブ写真)

学校のいじめ 脳の構造に破壊的な影響

© Depositphotos / Somdul
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50
でフォローする

英キングス・カレッジ・ロンドンの研究員によれば、未成年代では特に脳の発育が活発に行われる。その際、灰白質の容量が減少し、体重が増加する。これにより、脳はネガティブなものを含め、特にさまざまな変化を受けやすくなる。

スプートニク日本

科学者らは、英国とフランス、ドイツの14歳から19歳の682人の未成年者の脳をスキャンし、その結果と同年代との関係性についてのアンケート結果と比較した。調査の結果、回答者のうち36人が継続したいじめに苦しみ、646人の未成年者が偶発的ないじめに直面したことが判明した。

その際、長期のいじめで悩む人たちの脳ではある範囲の萎縮、つまり被殻と尾状核の容量の減少が見受けられた。被殻は、運動スキルや神経変性疾患の発展の観点で重要なさまざまなタイプの学習に影響し、また尾状核は、運動と植物神経系機能を調整し、高度の神経活動の過程に関与する。

神経学的変化の他にも、学校でのいじめは、うつ病や神経症、心外傷後ストレス障害のリスクを増加させる。アンケート調査で一部の回答者は未だに、最も友好的な人々からも攻撃を受けるのではないかと恐れていると打ち明けた。

関連ニュース・記事

タグ
研究, びっくり, 怖い, 子供, 病気, 調査, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント