15:11 2019年05月23日
空気が汚れるほど人々は悲しくなる 研究者らが予想外の関係性を発見

空気が汚れるほど人々は悲しくなる 研究者らが予想外の関係性を発見

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

汚れた空気は認知能力や労働生産性、IQを低下させ、全般的に健康を損なうことは知られているが、これがさらに感情も左右することが新たにわかった。

スプートニク日本

ポータルサイト「CNA」によると、米マサチューセッツ工科大学のデータでは、大気の質は人が何かの決定を下すことに影響を与えるおそれがある。人は気分が悪い時に軽率で不合理な判断をする傾向がある。

大気汚染が高レベルにたっした日には、人々は衝動的に振る舞い、落ち込んで不安な状態からリスクのある行動をとった。これは中国の一連の都市の汚染レベル情報と、中国ウェブサイト「新浪微博(Sina Weibo)」に出た、の位置情報をタグ付けした感情的なコメントを比較した結果、明らかにされた。

なかでも大気汚染は女性と高収入の人々の幸福感に一番大きく影響し、これを低下させたことが分かった。専門家は、居住地選びは慎重に行うこと、防護マスクを着用したり、空気清浄システムを使用すること、大気汚染が高レベルに達する時には外出を控えることなどを忠告している。

関連ニュース

国連事務総長、気候変動への十分な取り組み訴える

グリーンピース「日本は国際社会と足並みを揃えず」

タグ
研究, 環境, 自然
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント