21:33 2019年08月25日
モンゴルで見つかった人間の頭蓋骨は約3万5000年前ものものだった

モンゴルで見つかった人間の頭蓋骨は約3万5000年前ものものだった

© Depositphotos / Microgen
テック&サイエンス
短縮 URL
0 60

モンゴルのサルヒト谷で、人間の頭蓋骨のようなものが見つかった。オックスフォード大学の学者らは、DNA鑑定により、頭蓋骨が人間のものであることを明らかにした。

スプートニク日本

学者らはDNA鑑定により、骨片はおよそ3万5000歳であると結論付け、この人間の頭蓋骨は現代のタイプとほとんど同一であると発表した。もっとも初期の現代型だという。

新たな研究は以前に実施されたものより正確であり、学者らは頭蓋骨の年齢が3万4950歳から3万3900歳であることを明らかにした。

学者らは、研究対象に対する現代の汚染物質の影響が最小であったため、鑑定は最大限正確だったと指摘した。

関連ニュース

ポンペイ遺跡で、灰に埋もれて石化した馬の遺骸が見つかる

タグ
歴史
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント