23:29 2019年02月20日
「ソフィア」の妹ロボット

ロボット「ソフィア」のミニコピー 幼児や未成年者のアシスタントに【写真・動画】

© 写真 : Hanson Robotics Limited
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12

技術系ベンチャー企業「ハンソン・ロボティクス」社は、リトル・ソフィア製造のための資金集めを開始した。リトル・ソフィアは、もっとも有名なヒューマノイドロボット「ソフィア」の妹ロボットにあたり、幼児や未成年者のアシスタントになる。技術系ウェブサイト「ニュー・アトラス」が注目した。

スプートニク日本

オリジナルのロボット「ソフィア」は、ヒューマノイドロボットで、2015年にハンソン・ロボティクス社が製造した。ソフィアは、女優オードリー・ヘップバーンに似た容姿を持ち、アルファベットでの会話認識機能を兼ね備えている。さらにソフィアは、ニュース専門チャンネルのジャーナリストのアンドリュー・ロス・ソーキン氏にインタビューを行ない、同氏に自分が人間だという確信があるかと質問した。

リトル・ソフィアは姉のソフィアほどは賢くないが、所有者の行動を追跡し、認識するだけでなく、歩行も可能でぎこちないがダンスを踊ることができる。

その他にも、このデバイスは現実性補足機能を備えており、内蔵のVR(バーチャルリアリティ)カメラで、スナップチャットソフトから帽子や洋服、マスクを着用することが可能。

​ハンソン・ロボティクス社の代表によると、この新しいバージョンは、幼児や未成年者がロボット工学に興味を持ってもらうために作製された。

リトル・ソフィアの所有者は、ビジュアルプログラミング言語「Blockly」および「Python」を使って、ソフィアに新しい行動を教えることができる。

ハンソン・ロボティクス社は、米企業「キック・スターター(Kickstarter)」のプラットフォームで、ロボットの生産資金を調達するキャンペーンを開始した。最初の数日間で、同社は目標とする額の半分を超える7万5千ドルを集めた。

タグ
テクノ, ロボット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント