09:08 2019年02月20日
バクテリア

バクテリア、抗生物質から「友」救うため自己犠牲

© Fotolia / Giovanni Cancemi
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41

プリンストン大学とカリフォルニア州立大学ノースリッジ校の共同研究チームはバクテリアの新たな防衛メカニズムを発見した。死にかけているバクテリアは抗生物質を「溜め込み」、近くのバクテリアが損傷なく成長できるようにする。

スプートニク日本

研究チームは大腸菌に対して光る抗生物質を投与する実験を行った。光る抗生物質によってチームは抗生物質の「道」とそのバクテリアへの影響を追跡できた。

判明したところ、少数の大腸菌が大半の抗生物質を飲み込んでいた。抗生物質は一部のバクテリアを殺したが、コロニーの残りは成長を続けた。これは、共通の利益のための一部バクテリアの自己犠牲に似ていた。

研究チームが作り上げた計算モデルは、死滅したバクテリアが実際に抗生物質を自身に向けさせ、コロニー全体を破壊させないようにしたことを示した。

研究結果の詳細はここからご覧いただけます。

関連ニュース

地球の地下に驚くべき量のバクテリアと古細菌の「大海」が その存在が明らかに

ボツリヌス神経毒の解毒剤を発見か?

タグ
研究, 医学, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント