16:35 2019年03月23日
小惑星(イメージ)

小惑星の破壊は容易ではない 従来の見解に再考強いる新モデル

CC BY 2.0 / European Southern Observatory / Artist’s impression of the interstellar asteroid `Oumuamua
テック&サイエンス
短縮 URL
0 0 0

​米国ジョンズ・ホプキンズ大学の研究者たちは、小惑星の運動​をより正確に示すことができる新たな​モデルを構築した。 ​今回の新モデルで​、小惑星が地球に衝突する危険​度​がこれまで考えられていたよりもはるかに高い​こと​が証明​された。​科学​雑誌『イカロス』が報じた。

スプートニク日本

ジョンズ・ホプキンズ大学​作成の​新​コンピ​​ューターモデル​で​は、小惑星の移動や衝突​の​シミュレート​に従来よりもはるかに多くの要因を​考慮することに成功している​。

実験の過程で、直径約1キロメートルの小惑星が毎秒5キロメートルの速度で直径約25キロメートルの別の​小惑星​に衝突した。

研究者たち​はバラバラに炸裂するのは大きい方の小惑星​と確信していた。理論上は対象物が大きいほど、​それは​容易に​破壊​できるからだったが、実際は​大きい方の小惑星に​​部分的にひびが入った​だけに終わった。

さらに、撮影されたコマ毎の画像から、重力の影響​でわずか数時間後には破片​は​再び1つに集まることが明らかになった。

新しいコンピューターモデルは、大きな小惑星が以前に考えられていたよりもはるかに強固であり、完全な破壊のためにはより多くのエネルギーを必要とすることを実証した。そのため、実際の脅威が地球に迫る前に、それらの破壊に対するアプローチを再検討する必要が生じている。

関連ニュース

タグ
研究, 宇宙, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント