15:08 2019年11月13日
「玉兎(ぎょくと)2号」

中国の月面探査車、月の裏側でマントル由来鉱物を発見

© AFP 2019 / CNSA/CNS
テック&サイエンス
短縮 URL
180
でフォローする

今年1月に月の裏側に着陸した中国の無人探査機「嫦娥(じょうが)4号」から分離した探査車「玉兎(ぎょくと)2号」による調査結果に関する論文が15日、英科学誌ネイチャーで発表された。論文では、月の裏側の南半球にあるクレーターで、月のマントルに由来する鉱物を発見したとしている。

スプートニク日本

今回の鉱物が発見されたクレーターは、嫦娥4号が着陸した「南極エイトケン盆地」。かんらん石や低カルシウム輝石といった、月面で典型的には見られない鉱物が存在することを確認したという。これらの鉱物は隕石衝突の際、月の内部にある上部マントルから月面に飛び散ったものだとされている。

今回の発見により、月の進化の初期段階の解明が進むと期待する声もある。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント