11:01 2019年06月18日

NASA探査機、イスラエルの月面探査機の墜落地を撮影

© 写真: NASA/GSFC/Arizona State University
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21

米航空宇宙局(NASA)の無人月面探索機「LRO」は、4月初旬に民間初の月面着陸を目指したイスラエルの探査機「ベレシート」の墜落地を特定した。晴れの海近くでクラッシュしていた。LROのサイト「LROC」が発表した。 

スプートニク日本

「ベレシート」は2月末、米スペースXのファルコン9ロケットで打ち上げられた。同機はもともと、民間月面着陸機コンペ「Google Lunar XPRIZE」出品用に開発された。 

「ベレシート」は4月初旬、安定した月軌道に乗り、着陸準備に向けた一連の操縦を行った。

だが着陸は失敗。最終段階で加速度計に不具合が生じ、その結果メインエンジンが動かなくなり、地球との通信が途絶えた。これは墜落3分前に起きた。

「LRO」が撮影し、今回公開した画像には、「ベレシート」が墜落し爆発した痕跡が見える。同機を開発したイスラエルのSpaceIL社の主任技師、ヨアブ・ランズマン(Yoav Landsman)さんは「私たちは月に悪くない跡を残したようですね!べレシートの墜落地を撮影したLROチームに感謝します」と述べた。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント