19:46 2019年06月25日
バッテリー(アーカイブ写真)

日本の研究者らが自己改修可能なバッテリーを開発

© Depositphotos / Georgejmclittle
テック&サイエンス
短縮 URL
0 70

東京大学のエンジニアが、バッテリーの使用期間の延長と容量の増大を大幅に可能にする新しい技術を開発した。米科学系サイト「ユリイカ・アラート(EurekAlert)」が報じた。

スプートニク日本

どのバッテリーも内部は特別な金属性素材の層から構成されている。定荷重はこれらの層に亀裂を生じさせ、それによって、バッテリーの充電能力が低下する。そのため、時間の経過とともに、スマートフォンのユーザーらは、バッテリーの交換を余儀なくされる。

山田淳夫教授の研究チームは、バッテリーの寿命を数倍に延ばすことが可能なユニークな素材の開発に成功した。それは酸化還元層(Na 2 RuO 3)を有する酸素の酸化物。

日本の研究者らによって開発された素材は、それがクーロン引力の力によって保持されていることから、繰り返しの充電によって生じる亀裂に対し、より抵抗性があることが判明した。そして、その能力は、従来の電池で観察されるファンデルワールス力をはるかに超える。

しかも、山田淳夫教授のチームによって開発された素材は、自己改修能力を示した。

新素材は、自動車や心臓のペースメーカー、スマートフォンを含め、あらゆる機器のバッテリーに応用することが可能だ。

タグ
科学, 研究, びっくり, テクノ, 開発, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント